So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

LA建築紀行 [旅行]

少し前のことになりますが、兄の海外赴任の最終月ということでロサンゼルスに行ってきました。
日本の都市は鉄道を中心に街が作られるのが一般的で、特に関西では私鉄や地下鉄を通して、その駅周辺に住み良い住宅街をつくる手法が取られてきました。
書店でよく目にする小林一三や根津嘉一朗。五島慶太に堤安治郎ら鉄道王と言われた人達の偉業や、彼らの集めた美術品や骨董とそれをおさめる私設美術館を見るたび鉄道都市を痛感させられます。
一方、今回初めて訪れたロサンゼルスでは鉄道でなく、車主体の生活。街が広大な敷地に高速道路によってスプロールしてしいく感じは日本やヨーロッパとは全く異なった景色をつくっていました。
タランティーノ映画で見る雄大な平野と何車線もある大きな道、道路沿いにはガソリンスタンドやハンバーガーショップ等、日本の地方都市の国道沿いをさらに拡張した様な風景です。
22.jpg
























一口にロサンゼルといっても広大な範囲で、拠点となるトーランスからサンタモニカやハリウッドへは車で1時間以上かかる距離感で大阪、神戸、奈良、京都とコンパクトな関西と比べると観光に車移動はつきものといった感じで、渋滞も慢性的な所が至る所に。。

23.jpg

ダウンタウンにあるフランクゲーリーのウォルト・ディズニーコンサートホール。学生時代にビルバオのグッゲンハイム美術館を見て以来のゲーリー建築。見慣れてきたせいか以外と違和感ありません。

12.jpg
2016年に2121DESIGN SIHGTでみたゲーリー展も衝撃でしたが、本物はやはり圧倒的。。
13.jpg
ゲーリーの横に並ぶのがディラー・スコフィディオ+レンフロのThe Broad。ゲーリーと並ぶとファサードのファイバーグラスも主張控え目に見えてくるのが不思議です。
14.jpg
企画展はジャスパージョーンズでしたが、かなり並んでいたので諦めて常設展のみに。
常設展も現代アートの著名どころが集結しています。     
15.jpg
展示室から見る仄かに光るファサードもまた一興です。
9.jpg
巨匠ラファエル・モネオのマリア大聖堂。スペインのアトーチャ駅以来15年ぶりのモネオ建築。
正直外観結構普通なのであまり期待していませんでしたが、内部は格別です。
10.jpg
谷口吉生の建築の様に、ヒューマンスケールを逸脱した空間が非日常を演出しています。
21.jpg
リチャード・ノイトラが息子と設計したリサーチハウス?シルバーレイクの辺りに建つガラス張の住宅で、見学可能な土曜日に合わせて行ってきました。
16.jpg
中庭をつくることで、各室が至るとこに開口部がとれ、光溢れ、風のぬける気持ちの良い開放的な住宅になっています。
17.jpg
どうしてもシンプルな間取りに魅了されがちな住宅ですが、微妙に性格の異なる場所が繋がっていく感じも現代的で参考になりました。
19.jpg
中庭を2階のテラスから見る。立体的な庭が環境を整えています。
20.jpg
最上階。抑え目の天井と屋上テラスと一体化した空間。最高でした。
1.jpg
飲みとボーリング漬けの毎日。まるで映画ビッグリボウスキーのようなLA滞在でしたが、
一応、建築以外のベタな観光スポットもUberで網羅。まずはサンタモニカ!!
3.jpg
ルート66の終着地点。
4.jpg
サンタモニカアップル。
2.jpg
ガラス張!!
25.jpg
サンタモニカから歩いてベニスビーチへ。
5.jpg
ベニスビーチ。少し治安悪そうな雰囲気。映画アメリカンヒストリーXのバスケのシーンが思い出されます。
0.jpg
LAの食事はというと。昼はジャンクとアルコールで胃もたれ率100%。
ただどのお店もチップ制度のおかげか接客が好印象でした。
6.jpg
胃もたれの後の夜食は100%和食。
ウニが特産品とのことで日本ではほとんど食べませんが多量摂取してきました。
楽しい思い出もつかの間。日本に帰って恐怖の35連勤へ向け震えながらLA空港へ。。

OH-office@尼崎 [現場]

昨年6月より進めてまいりました尼崎市の住宅開発地に建つ木造のオフィスです。

クライアントは老舗の塗装会社で、建築家が入る細かい調色が指示される困難な現場や、TWILIGHT EXPRESS瑞風の内装などの特殊技術が要求される塗装を手掛ける会社です。今回、創業70周年を記念して、新社屋と共に社名やブランドイメージを再構築するということで、このプロジェクトに参加させていただいております。

因みにアートディレクションはくらわんか餅でもお世話になったbalanceさんが担当され、7月末or8月頭には海外ロケも敢行する予定です。。

イメージの一新に合わせ、BtoBだけでなく、地域やエンドユーザーからも直接繋がれるように事務所自体もオープンな建物を目指します。

2月から現場がはじまり、現場も残り1ヶ月程。建物の肝となるアプローチの鉄骨階段や内部家具工事&塗装工事が来週から本格的にはじまります。気を抜かず最後の仕上げチェックに力を注ぎたいと思います。

180523尾浜塗装内観.jpg

2階オフィスの内観イメージ。木造の登り梁を現しにした素材感のあるオフィスになる予定です。

1.JPG
配筋検査の様子。構造設計WORKSHOPの安江さんと配筋のチェック
5.JPG
上棟。1階土間部分が駐車場で奥が倉庫です。
12.JPG
2階オフィス
2.JPG
2階オフィスの化粧登り梁(以上撮影:山田圭司郎)
DSC06233.JPG
今回のプロジェクトでは棟木がない為、登り梁をホームコネクターという特殊な接合技術で留めつけています。
金物と木材部分アクリルにしたモデルです。
DSC06383.JPG
ホームコネクターの利用には講習が必要で実際に現場で立ち会って工法と作業方法をレクチャーしてもらいました。
DSC06391.JPG
最後にボンドを注入して梁を固めます。

SH-house [現場]

昨年春より進めていた東住吉区の閑静な住宅街での新築プロジェクトです。

ブログの滞りにより、プロセスのないままの現場の紹介ですが。。。。

現場でも再度、内外観の素材や色のスタディをしながら最終決定していっています。


敷地は昔の長屋のグリットが残った間口が狭く奥に長い形状の為、建築の建たない余白をどのように配置するかが最大の課題となりました。

外部からある程度閉じられ、かつ平面的にワンルームを緩やかに区切られるよう中心に中庭を配置したプランにしています。

また断面的にも床をずらすことで空間的につながりながらも視覚的にパブリックとプライベートな空間に区切られる形にしています。


a.jpg
外観色のスタディ。
外観はLDKのある前面道路側と奥のプライベートな空間の天井高の違いをそのままあらわした形とし、前後にも勾配をもつ切妻屋根にしています。
しかし、この形状がプレカットで対応ができない為、建て方はもちろん天井の下地づくりを含め、現場泣かせになっています、、、工務店も大工さんも笑顔で対応して頂き感謝です。。。
b.jpg
実際の現場。
c.jpg
内観の素材や手摺のスタディ。
d.jpg
 実際の現場。
今回のお施主さんは普段お仕事でもお世話になっているアートディレクターさん。
ご夫婦共にデザインに造詣が深いので、色々な決め事にいつもワクワクさせられます。
建築の設計は予算、法規、工法、機能を含め色々な「こと」や色々な人の「このみ」が絡み合うので、その中で優先順位を整理し、その家族に会うヒエラルキーをつくらなければなりません。
しかし、決め事を民主主義的な手続きで増やしていくと、無難な選択が増えるので設計責任は回避されていく方向ですが、反面、キラリと光るクリエイティビティも減少していく傾向にあります。
今回のプロジェクトでは機能にあやかった無難な選択が、お施主さんにより回避されるので、設計や現場での変更によって、無駄が省かれ洗練されていく感覚が新鮮です。
照明やコンセントも通常現場でどんどん増えていく方向ですが、今回は打合せごと減らしており、図面が整理されていきます。
3月末の引き渡しに向けて、より綺麗に整理された建築にブラッシュアップできるよう残りの監理も頑張りたいと思います。

A-kindergarten《幼稚園》 [設計&PROJECTS]

一昨年の春より、豊中市で幼稚園のプロジェクトが動いています。

最初はグランドと駐車場の整備計画のコンペで指名をいただきましたが、計画途中で、手狭になった保育室を増築するお話に発展し、企業内保育を含めた3室の保育室と駐車場を兼ねたピロティや既存のエントランスの整備等、増築といっても新築に近い規模のプロジェクトです。

ak-02-2.jpg
計画している建物は鉄骨の2階建で、1階に保育室と倉庫、更衣室、トイレと駐車場をとり、また2階に2つに分けられる大きな保育室とトイレを配置したシンプルなプランの建物です。
保育室のまわりをぐるりと回遊できるように広めの回廊をまわしていますが、道路側や近隣住戸側からは園児が直接見えないようH1200の腰壁で視線を遮り、合わせて道路側の開口を極端に減らすことで、中高層建築条例に配慮した計画にしています。
e.jpg
内観のイメージ。内部は各々の先生が家具や間仕切りで自由にレイアウトできるよう、壁のない体育館や倉庫に近い大きなワンルームにしています。


a.jpg
コンペ当初のグランウンドと駐車場の整備案です。サッカーコートを中心に駐車場から事務室までの職員の動線もゴム舗装することで園児のランニングコースと兼ねる計画です。
c.jpg
概算見積もり時の屋上付きの案。敷地横のグラウンドと屋上広場を鉄骨階段で繋ぎ、階段と回廊をスタンド化する案です。
計画建物は鉄骨の2階建ですが、元々の建物が大きい為、全体での法規制が最大のハードルとなりました。特に中高層の建築条例における近隣説明では、近隣の方はもちろん土地所有者さんの同意も必要な為、挨拶巡りや隣説明会等、今まで経験した事のない設計以外の業務をこなさなければなりません。
昔と異なり幼稚園や保育園等の次世代を担う子供を育てる施設にも反対の声が上がる時勢です。
幸いにもご理解いただける住人の方々ばかりで、大きな反対もなく建築の同意を得られる事ができました。
長い行政協議と確認申請も無事終わり、昨年8月には地鎮祭をとり行い、9月より無事に着工しております。
昨年11月には上棟も終え、引き渡しに向け現場通いの続く充実した毎日です。
d.jpg
8月に行われた地鎮祭。
IMG_6730-2.jpg
配筋検査。
DSC05483.jpg
鉄骨検査。
DSC05667.jpg
2階保育室

伊東建築etc@台北 [旅行]

新年明けましておめでとうございます。

日常業務に追われ、なかなか更新が滞りがちですが、今年もブログ徐々に頻度upして行きたいと思いますので、本年もご一読いただけたら幸いです。


アウトプットの日常から、鋭気とクリエイティビティを取り戻しに台北に行ってきました。

故宮博物館や龍山寺、九份等の観光地を通して台北を見るのはもちろんですが、

新しい建築を通すと今の台北文化が見えてきます。


まずは松山文化創園区へ。

ここはタバコ工場だった広大な敷地にある築75年の工場やオフィスをリノベーションして芸術村にした総合施設で、敷地の真横にはドーム球場が建設中だったり、台北の再開発エリア&最新スポットになります。

IMG_7256のコピー.jpg

広大な敷地に入ってまず目につくのが、2層の低いタバコ工場とは対照的に伊東豊雄設計の巨大な文創ビルです。ホテルとファッション雑貨、書籍を扱う商業施設で、セレクトされた土産物や雑貨が多いので旅行者にもお勧めです。

IMG_7279-2.jpg

地下1から3層までが商業施設で、ホテルのエントレンスは建物規模の割に小ぢんまりした印象。

IMG_7275のコピー.jpg
ホテル内の1階ロビー横にあるラウンジ。T-siteのように蔵書をインテリアにしています。
IMG_7254のコピー.jpg
外観は当時のまま残されたタバコ工場。中庭型のプランで内部は古い小学校のよう。
IMG_7263のコピー.jpg
内部は台湾デザインミュージアムに。グラフィックやプロダクトの台湾デザインが並んでいました。
IMG_7272のコピー.jpg
ミュージアムショップとは別に雑貨やお土産売り場も梅田の高架下を思い出します。。
IMG_7277のコピー.jpg
広大な敷地の為、直ぐに疲れ果て、かつての工場で働く人の託児所をリノベーションした書籍カフェへ。。。
雰囲気のある木造トラスの小屋組空間でいただく、お茶はまた格別でした。
IMG_7247のコピー.jpg
旅と関係ありませんが、地下鉄の優先座席ポスターの世界観がすごい。。
もう一つ見たかった伊東建築が台湾大学社会学部棟とそれに付属する図書館棟です。
パソコンで個人情報を入力し、パスポートを預けると内部の見学も可能です。
朝の8時20分から開いているので家族旅行の合間に一人で立ち寄るにはお勧めです。
IMG_7330のコピー.jpg
垂直ラインを強調する柱とそれに連続した花弁のようなスラブ、構造壁が3枚程のシンプルな構造体で、森林内のような木漏れ日さす空間を実現しています。
3-54-0-03-02.jpg
ジョンソンワックス。これも本物を見て見たい。
IMG_7320のコピー.jpg
社会学部棟から見た図書館上部。防水工事中。
台北101の横にある台北貿易センター広場もまた伊東豊雄設計。
IMG_7223のコピー.jpg
古い建築と黄色いタクシーが台北の風景を作っています。
台北市内は大阪のようなタワーマンションは少なく、マンション価格はどこも高騰しているようで、紀彦をはじめ日本の建築家によるデザイナーズマンションの看板を至る所で目にしました。
台北にお仕事で行きたいです。。
台北のディベロッパー関係者の皆さま是非!
IMG_7134のコピー.jpg
リージェント台北近くの最高級エリアに新しくできた伊東豊雄事務所出の建築家平田晃久による富富話合。
複雑にテラスと住空間を組み合わせながら外観をつくっています。
IMG_7207のコピー.jpg
初詣は台北で最も古い1738年建立の龍山寺へ。日本と異なり石造?混構造?総木造ではないようで、柱の石の装飾が特徴的でした。
IMG_7208のコピー.jpg
見上げれば凝った装飾の構造体。同じお寺でも異国情緒満載です。
IMG_7179のコピー.jpg
九份。。
IMG_7178のコピー.jpg
建築は程々に。。台湾といえば足つぼマッサージや台湾シャンプー等も充実しているので夕飯前に観光で疲れた体を癒しにマッサージ店へ。
IMG_7293のコピー.jpg
写真は美容院で行われる台湾シャンプー。泡アート的なのと気持ちの良いマッサージをしてもらえます。
渡辺直美がくるお店とか。。そんなんばっかりですが。。
旅行最終盤、胃もたれをこらえ薬を手に、家内ご所望の台湾名物の蟹おこわを食べに台湾料理店へ。。。
行ったつもりが、間違えてガイドブック隣に掲載れていたローストダック専門の広東料理店へ行ってしまいました。
人生初の漫画のような北京ダック。
お店の前で何料理か見てから入店する事と何事も適量が美味しいということを学びました。
IMG_7284のコピー.jpg
空港でも蟹おこわを探しましたがなく。。ネットで検索する限り、日本でも食べられる店が見当たらず。。
一生言われ続けると思うと、弾丸でもまた台湾に再訪したいと思いました。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。


西船場会館が完成しました。《集会所・町内会館》 [設計&PROJECTS]

昨年の6月より計画を進めておりました西船場会館が完成しました。町の方々と打合せを繰り返し、紆余曲折ありましたが完成することができ感慨深く感じています。関係者の皆様、本当にありがとうございました。ホームページに竣工写真をアップしましたのでご覧下さい。http://www.tofu-ao.com/tofu/n_kaikan.html


大阪市西区京町堀の西船場公園内に建つ集会所です。  古い会館は公園に面するという環境条件の良い立地を活かせていないように見受けられました。建物自体が閉鎖的で公園側との繋がりが無いため、地域の人がここで何をしているのかということが分かりにくく、この地域に住む人にも近づきにくい印象を与えているように感じました。 そこで公園側に大きく開き、公園との繋がりを求めた会館とすることでこの地域に住まう人が繋がり、新たなコミュニケーションを生む場所を考えました。形態的には1,2階のボリュームを前後にずらすことでピロティや縁側、テラス、バルコニーといった屋外空間が生まれました。晴れた日には軒下でお茶をしたり、テラスではバーベキューを、屋上では子供たちのプールを設置するなど様々な屋外空間が会館を利用する人の活動の幅を広げています。公園からは2階テラス、屋上へと繋がる屋外階段を設置し、会館自体が立体的な公園となるように計画しています。会館内の活動が公園側に見えることで公園に来る新しい住民がこの地域の活動に興味を持ち、気軽に立ち寄れる会館を目指しました。ns07_42A6556.jpgns03_42A6300修正.jpgns30_42A6826修正.jpg





田舎飯@能勢豊能亀岡[併設系] [食道楽]

ありがたい事に昨年から、土日も作業や打ち合わせに追われるようになり、日曜お昼の超ショートトリップで束の間の非日常を味わう事が心の平穏を保つ薬になりつつあります。
新御堂を飛ばして、箕面のトンネルを抜ければ、15分で大阪とは思えない長閑かな景色に出会えます。
食事のクオリティーだけ取れば都会のレンストランの方が上かもしれませんが、美味しい空気と食べる新鮮な食材のシンプルな食事はまた別もの。
食事、接客、価格と、食事処を測る指標は多々あるものの、SNSの発達と共に他と異なるロケーションというのが今新たな価値として見直されつつある気がします。。
IMG_4494.jpg
まずは北摂の朝市や道の駅等で見かける山口納豆さんの工場直売所に併設されている〝ぐりとよキッチン〝
IMG_4689.jpg
土日祝のみの営業ですが、バイカーやローディーの人で賑わっています。
IMG_4690.jpg
工場内の角、長閑かな景色の見える杉のフローリングを張った一室が食事処です。
写真は少し古い物ですが、今はもう少し直売所も綺麗にレイアウトされています。
IMG_4487.jpg
普通たれ、紫蘇、からし、ラー油の4種類の納豆が食べ放題。一人で10個程食べている人も見かけますが、納豆は栄養価が高い分、高カロリーなのでいつも2個程で我慢。。
IMG_5851.jpg
定番の納豆ご飯定食500円。納豆自体、大豆の味が濃厚で美味しい上にこのヘルシー感がたまりません。
普段アルコール漬けの毎日への罪悪感からも少しだけ解放させてくれます。
IMG_4693.jpg
次女は納豆嫌いなのでいつも大豆のキーマカレー。ここのカレーがお気に入りです。
ぐりとよキッチン
大阪府豊能郡豊能町余野532
072-739-2336
IMG_5491.jpg
ぐりとよキッチンより、亀岡側に423号線を走るとみずほファームの直売所とそれに併設した生卵食べ放題の定食屋さん〝弁天の里〝があります。
直売所自体小さいですが、品揃えは結構充実しているので、美味しい鶏肉と野菜を買って夕飯に利用しています。
普段のスーパーとは素材が別物なので、フライパンで焼くだけ、いつもと違ったクオリティーの夕ご飯に。。
IMG_5489.jpg
食堂スタイルの単品、小鉢注文でオリジナル定食を作りながらの。卵食べ放題。
普段、生卵を食べませんが、照り、色味、黄身のR感が違い美味しかったです。
弁天の里
亀岡市西別院神地御手洗8
IMG_6543.jpg
田舎飯&併設系でも珍しいお寺併設のカフェが、比較的新しい宗派、妙見宗の総本山本滝寺にある〝ほんたきの山カフェ〝です。
深い妙見の山にあり、非日常を体験できる仏教の中でも個人的に好みな修験道から派生のお寺だとか。。
行基→真言宗→日蓮宗→天台宗→修験道と少し変わった変遷の後に昭和21年に妙見宗を開かれたそうです。
IMG_6558.jpg
カフェは山の斜面からせり出したコンクリートの人工地盤に作られています。
IMG_6546.jpg
本殿横の宿院の奥にひっそりとあるので、目的としてこない人しかわからないつくりです。
IMG_6556.jpg
食事メニューはこの一品。薬膳生湯葉カレー1200円。生湯葉ののった茶飯にタイカレーにも似た小麦のとろみのないサラリとした感じに、スパイスと牛蒡のコリコリ感が絶妙な一皿。体に良いを謳い文句にした食事は何か物足りなさを感じてしまいますが、このカレーは旨味のあるしっかりした味わいで大満足です。
IMG_6559.jpg
投入堂の地蔵堂や文殊堂から見る景色に似て、人工物が見えない風景が大阪府内に。。日常に疲れた人にお勧めです。
ほんたき山のカフェ
大阪府豊能郡能勢町野間中718
072-722-0028

酒蔵の計画《酒蔵》 [設計&PROJECTS]

酒蔵の計画をホームページにアップしましたのでご覧下さい。

山の中に建てられる酒蔵の計画です。世界の名だたるワイナリーはブドウ畑越しにシャトーやワイナリーが鎮座している風景を創出することに力を入れています。これは美味しいワインとなる主原料である独自のブドウを情熱を持って生産しているというワイナリーの誇りと意思表示でもあります。日本酒の世界では蔵元自ら酒造米を生産することはまだまだ少ない状況の中、酒造米を栽培する田んぼに近接した場所で酒蔵を構え、田んぼと酒蔵の風景をつくることが蔵元として大きな意思表示になるのではないかと考えています。この風景は無機質な食品工場や伝統的木造酒蔵では創出されないと思います。吟醸酒のようにエレガントで芳醇な建築を目指しています。http://www.tofu-ao.com/tofu/sakagura.html

osake-03.jpg

osake-05.jpg

osake-07.jpg

大文字亭《旅館・ホテル》 [設計&PROJECTS]

京都の大文字町の旅館の計画です。大文字山が見える高級旅館です。ホームページにアップしましたのでご覧下さい。http://www.tofu-ao.com/tofu/daimonji_guest_house.htmldaimonji14 (1).jpg外観

daimonji04.jpgリビング・ダイニング

daimonji05.jpg和室

daimonji06 (1).jpg寝室


厨肉中贅 「薫~ KAORU~」 完成!《北新地》 [現場]

北新地で工事を進めていました厨肉中贅「薫KAORU」が完成しました。焼肉と中華料理を少しづつ味わえる高級感のあるダイニングです。40坪と広い店内には個室と座敷が4室とオープンテーブルが5席あり、使い勝手の良いレイアウトにまとめています。次はどこの部屋に入れるのかという楽しみがあります。会合にももってこいです。美味しい焼肉と中華が味わえますので是非行ってみて下さい。https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27099596/

170720a.jpgこの日はレセプション。焼肉屋さんで本格的な中華料理と点心がいただけるという新鮮味があります。小籠包がとても美味しかったです。

170720b.jpg今回の案件は昨年作らせてもらったお鮨屋さんからのご紹介ということでとても光栄でしたし気合いが入りました。テーブル席横には光壁を作ったのですがいい感じに存在感を出しています。皆さんにも好評で何よりでした。170720c.jpgほぼスケルトンの状態。いつも通りスケジュールがタイトな案件でしたが、いつもお願いしている工務店さんにお願いしてスピーディにつくってもらいました。本当にありがとうございました。

前の10件 | -