So-net無料ブログ作成

A-kindergarten《幼稚園》 [設計&PROJECTS]

一昨年の春より、豊中市で幼稚園のプロジェクトが動いています。

最初はグランドと駐車場の整備計画のコンペで指名をいただきましたが、計画途中で、手狭になった保育室を増築するお話に発展し、企業内保育を含めた3室の保育室と駐車場を兼ねたピロティや既存のエントランスの整備等、増築といっても新築に近い規模のプロジェクトです。

ak-02-2.jpg
計画している建物は鉄骨の2階建で、1階に保育室と倉庫、更衣室、トイレと駐車場をとり、また2階に2つに分けられる大きな保育室とトイレを配置したシンプルなプランの建物です。
保育室のまわりをぐるりと回遊できるように広めの回廊をまわしていますが、道路側や近隣住戸側からは園児が直接見えないようH1200の腰壁で視線を遮り、合わせて道路側の開口を極端に減らすことで、中高層建築条例に配慮した計画にしています。
e.jpg
内観のイメージ。内部は各々の先生が家具や間仕切りで自由にレイアウトできるよう、壁のない体育館や倉庫に近い大きなワンルームにしています。


a.jpg
コンペ当初のグランウンドと駐車場の整備案です。サッカーコートを中心に駐車場から事務室までの職員の動線もゴム舗装することで園児のランニングコースと兼ねる計画です。
c.jpg
概算見積もり時の屋上付きの案。敷地横のグラウンドと屋上広場を鉄骨階段で繋ぎ、階段と回廊をスタンド化する案です。
計画建物は鉄骨の2階建ですが、元々の建物が大きい為、全体での法規制が最大のハードルとなりました。特に中高層の建築条例における近隣説明では、近隣の方はもちろん土地所有者さんの同意も必要な為、挨拶巡りや隣説明会等、今まで経験した事のない設計以外の業務をこなさなければなりません。
昔と異なり幼稚園や保育園等の次世代を担う子供を育てる施設にも反対の声が上がる時勢です。
幸いにもご理解いただける住人の方々ばかりで、大きな反対もなく建築の同意を得られる事ができました。
長い行政協議と確認申請も無事終わり、昨年8月には地鎮祭をとり行い、9月より無事に着工しております。
昨年11月には上棟も終え、引き渡しに向け現場通いの続く充実した毎日です。
d.jpg
8月に行われた地鎮祭。
IMG_6730-2.jpg
配筋検査。
DSC05483.jpg
鉄骨検査。
DSC05667.jpg
2階保育室

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。