So-net無料ブログ作成

中華三昧《健民&鴻福門》 [食道楽]

最近大ヒットした中華が2軒。
一つはケンミンの焼きビーフンでお馴染みのケンミン食品本社ビルの1階にある“健民ダイニング”。綺麗で品の良い内装にも関わらず子連れOKで、克つ本格的ですこぶる美味しい中華料理を食べさせてくれるお店なので、色々なシュチュエーションで使えそうです。神戸元町の海岸に近い2号線沿いなのでランチに困ったら、是非!
DSC00468.JPG
前菜盛り合わせ。どれも繊細な味付け、場末中華にはないお味。
DSC00473.JPG
ピリ辛焼ビーフン。ビーフンを見直すきっかかけになりました。焼きそば以上、こんな美味しい食べ物とは。。
健民ダイニング
神戸市中央区海岸通5丁目1番1号

もう一軒は、ららぽーと甲子園から徒歩5分程にある昔ながらの大型&王道中華料理の鴻福門。
お洒落感はありませんが、どれも味付け抜群で、その中でも、牛しゃぶ入四川辛味ソバの虜に。
牛の旨味と香味オイルの辛み、パクチーとセロリの香味が口の中に広がる究極の一品。お勧めです!
DSC00688.JPG
鴻福門
兵庫県西宮市鳴尾町2-25-21

大人の遠足夜の部《パセミヤ》 [食道楽]

夜の部開演です。メインの予約時間まで2時間程あったのでまずは天満の上海食邸へ。ニラ饅頭、小籠包をビールでいただきます。疲れがとれる身の丈にあったほっとするお味。美味しいー。
R0016937-2.jpg
大衆居酒屋で時間をつぶした後、ソムリエ魚見さん一押しのお好み焼きの名店パセミヤさんへ。
厳選されたワインが所狭しと並ぶ店内は日曜日ということもあって飲食関係者の人がばかり、リスペクトされているのがわかります。
美味しい食事にあわせて色々なワインをあわせてもらい、ワイン音痴ながらも今回は味の違いがはっきりわかり、楽しむ事ができました。レアなワインも試飲させて頂いたりと貴重な経験になりました。
IMG_1931-2.jpg
白子ソーテーのサラダ。絶品でした。
IMG_1932.JPG
見た目通りグッドテイスト。
IMG_1933-2.jpg
お肉はもちろん4種類のお芋がホクホクで最高でした。
IMG_1935-2.jpg
国産の津金ワイン。
IMG_1938.JPG
取合い奪い合いの〆。
パセミヤ
大阪市北区野崎町6-3

たこ磯《明石玉子焼》 [食道楽]

蛸好きの娘を連れて明石へ行ってきました。明石は瀬戸内の都市と同じく海と平行に高速道路と鉄道、国道が整備され、少ない平野の中で線型の構造を持つ都市です。この何本かの主要な通りの中でも最も漁港に近い場所にあるのが今回の目的地、海の棚商店街です。400年前、小笠原忠真がこの地を整備した頃から商売がはじまり、今では大漁旗で彩られた350mのアーケードに。。アーケード内には明石の郷土料理である玉子焼(明石焼)のお店や鮮魚を扱う魚屋が数多く軒を連ね、日常と観光気分が融合する地方都市には珍しく活気あふれる場所になっています。
R0016657.JPG
お目当ての玉子焼のお店たこ磯へ。オープンまもなく並びはじめる人気店。
R0016669.JPG
明石焼きは正直、余り食べた経験がありませんが、改めて食べると美味しい食べ物です。上品なお出汁のせいか、たこ焼きのようなB級感がなく、心も体もホッコリします。シンプルな丸型が板にのった絵も綺麗。もっと全国区になってもいいような。。一度家で美味しくつくれるか挑戦してみようかと思います。
R0016662.JPG
この出汁が最高でした。
R0016666.JPG
たこ磯
明石市本町1-1-11



楽心《福島》 [食道楽]

知り合いの料理人の方々に混じって和食の食事会へ行ってきました。福島にある「楽心」さんです。2014年のミシュランに新たに星付きでラインナップされた、今なかなか予約の取れないお店とのこと。入る前はとても緊張しましたが、親切なスタッフの方の案内で店内へ。カウンター越しに見える小さな庭がこの店のイメージをかき立てます。壁は墨モルタルで仕上げてありました。定期的に柄杓で水をかけ壁の演出があり、生け花の影とだぶり奥行きのある絵のようでした。
131216d.jpg

では早速お酒とお料理へ。まずは子持ち昆布と大根。食感がすごい。
131216a.jpg

蟹とかぶらのお吸い物。だし絶対うまい。
131216c.jpg

細長い木箱を開けると、南蛮漬け、せこ蟹、ニシン、アンキモなど。かわいいし、日本酒も楽しめます。特注の箱だそうで、こういうこだわりがいいですね。
131216b.jpg

ひらめの造り。2.2キロあったそうです。131216g.jpg

寒ブリのづけに辛み大根と九条ネギ。大根と葱だけで日本酒いける。
131216f.jpg

揚げ物と海老芋。
131216h.jpg

鴨のお鍋的なものでしたが、皿を愛でる間もなく、写真とる間もなく食べちゃいました。めちゃくちゃ旨いです。131216i.jpg

ご飯は鮭ごはん。〆もしっかりしています。おかわりも頂きました。
131216e.jpg

料理はもちろん、雰囲気、もてなしが圧倒的で、緊張もつかの間、お酒とともにとても落ち着けるお店でした。人気店なのも頷けます。いやー旨い。帰りに次の予約をとるぐらいに早くなりたいもんです。とてもいい経験をさせていただきました。ごちそうさまでした。


辻屋 関市鰻 [食道楽]

刃物の町、岐阜県関市にある鰻の辻屋に行ってきました。この辺りは鎌倉時代より刀匠たちが住み着き、スタミナ源として鰻を好んで食べていた地です。そのため全国でも屈指の鰻激戦地域ですが、個人的には雰囲気、味共にここ辻屋が一番のお気に入りです。
昭和なアーケード街に突如として現れる年季の入った味のある外観と明治の頃から吐き出されていたであろう大量の煙がつくる魅惑のファサードは150年も続く老舗でしかつくることができません。この雰囲気、この外観、勉強になります。
R0016601-2.jpg
内部もまさに鰻の寝床。日本昔話にでてきそうな薄暗く連続する座敷が独特な雰囲気の場をつくり出していいます。鰻の値段が上がる前はいつも行列が出来ており、店内は活気と熱気に満ちあふれていました。今は前程ではありませんが、それでも11時には殆どの席が埋まっています。
IMG_1844-2.jpg
肉厚でパリパリの鰻。グロテスクなあの生き物が松坂牛にも匹敵する美味しい食べ物に仕上がっています。油ののり具合、香ばしさ共に最上級。久しぶりの鰻に大感激です。
R0016607-2.jpg
鰻の値段が下がり、気軽に行ける日までもう一踏ん張りして欲しいものです。

辻屋
岐阜県関市本町5-14

ピッツェリア・トラットリア・ナプレ東京ミッドタウン店 [食道楽]

真横に隈研吾設計のサントリー美術館、向かいに安藤忠雄設計の21-21design sightと美術館巡りにはうってつけのピッツェリア、ナプレに行ってきました。少し肌寒い季節ですが向かいの公園の紅葉を眺められ、丸々肥えた雀が飛びまわる贅沢な環境のテラス席でのランチです。室内と比べると外の為、子供がいても然程気疲れしません。家族連れでも安心して料理を楽しむことができるお店です。
R0016482-2.jpg
マルゲリータ。王道!
料理を引き立たせてくれる環境が食事を楽しむ上で凄く重要だということを感じさせられます。外部を上手に取り込んだ季節を感じることができる店舗設計。TOFUでも実践していきたいと思います。
R0016480-2.jpg
前菜盛り合わせ。色合いが紅葉にも合ってるような。。

R0016488-5.jpg
あさりのなんちゃら。味はどれも絶品でした。地獄のTDL前に勇気をもらいました。R0016493-5.jpg
21 21 design sight

meetsうまい本2014 [食道楽]

TOFUがお店づくりのお手伝いをさせていただきました、北新地の中国料理「善道」さんと南船場のイタリア料理「タベルネッタ・ダ・キタヤマ」さんがMeetsのうまい本2014に掲載されています。TOFUグルメ部の我々も嬉しいです。どちらもとても美味しいのでおすすめです。 

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27065615/ 

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27070237/ 

131021a.jpg 


北山シェフのディナー《タベルネッタ・ダ・キタヤマ》 [食道楽]

とあるお祝いで店舗設計させていただいたタベルネッタキタヤマさんへ行ってきました。ランチはたまに行くのですが、ゆっくりとディナーは久しぶりで月曜日から楽しみにしていました。

131006d.jpg 

牡蠣とキノコの前菜から。一品目からどんぴしゃで、本当にびっくりする旨さでした。牡蠣はソテーしてあるからと赤ワインが合うとのこと。半信半疑でしたがこれがぴったり!

131006b.jpg 

パスタはツブ貝といんげんのジェノベーゼ。一緒に行った人は今まで食べたジェノベーゼの中で一番美味しいと唸ってました。 

131007a.jpg 

あまから手帳にも載った子牛。ソースとかの名前忘れました。さすがに北山さんの真骨頂。肉の旨さを堪能できました。

131006c.jpg 

写真ぶれぶれですが、ソムリエの魚見くんと。彼とは学生時代の同級生ですが、今となってこのレストランを設計するにいたるとは想像もしませんでした。お料理だけでなく、お店のインテリアも好評のようで何よりです。北山さん、ごちそうさまでした!


蕎麦屋 斐川 [食道楽]

池田市石橋駅にある蕎麦屋さん斐川に行ってきました。不動産屋が区画した住宅分譲地のどんつきにあり、スマホがなければなかなか辿り着けないような立地です。店内は手作り感満載の温かみのあるインテリアに店主の陶芸作品が並んでおり、蕎麦に期待が持てる雰囲気をだしています。
R0016041.JPG
蕎麦は超粗挽きで短く歯ごたえがあるので、結構食べごたえがあります。風味豊かな男っぽいお蕎麦。他の手打ち蕎麦やさんとも一味違うここだけのお蕎麦に仕上がっています。
R0016043.JPG
このお店なんとガレットがセットで食べられます。今までおやつなのか食事なのかよくわからない食べ物にお金を払う勇気がなく、恥ずかしながら人生初ガレットです。パリパリのモッチモチ、味も食感もたまりません。しばらくはまってしまいそうです。
R0016047.JPG
野菜を包んだベジガレット。ヘルシー
R0016048.JPG
サービスで出していただいた蕎麦煎餅。焼きたての香ばしいお味と無口な店主の心遣いに感動です。
R0016049.JPG
人生最後の晩餐は蕎麦にします。


ランチ救世主《多満喜》 [食道楽]

事務所から心斎橋の方に歩いて5分程の雑居ビルの奥にある多満喜のランチです。ご飯みそ汁付きで750円。マンネリ化していたランチに一石を投じるお味。お勧めです!
写真.JPG
多満喜
大阪市中央区南船場3-1-7日宝東心斎橋ビル1F

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。